交通事故の被害者になってしまい、何らかの怪我や精神的な被害をこうむったにも拘らず弁護士費用まで自分で払わなくてはならないのか、と憤る方もいると思います。ですが、交通事故に遭われた際に弁護士費用を自身で支払わずに済む場合もあるのです。

万が一の時の為と加入されている保険があると思いますが、それらの保険には弁護士特約は付いているでしょうか。弁護士特約とは加入している保険会社が弁護士費用を負担するという物で、それに加入していれば交通事故の場合ですとどんな場合でも保険会社に請求することが出来ます。もしそうでないのでしたら、基本的には裁判にまで発展した場合のみ相手側に請求する事が出来ます。ただし、裁判になってしまえば長期化しますし、手続きも煩雑で手間が掛かります。できれば示談等で早期に解決したい所です。ただし、絶対に不可能か、と言えばそうではなく、加害者との示談交渉において裁判所へ提出する「加害者の罪に寛大な措置をお願いする」という旨を記載した嘆願書という物の作成に協力して欲しいと言われる事があります。そうした相手側の提示する条件に応じる代わりに、弁護士費用を加害者側に負担して貰う、というように交渉する事も出来ます。

交通事故は遭ってしまえば後の人生が大きく変わるような体験をしてしまう事になります。後遺症などもそうですし、それだけにとどまらず裁判手続きや、示談交渉など普通に生きていれば体験しないはずの事です。そうした事を他人事だから、と見て見ない振りをするよりも、もしかしたらいつか自分に降りかかるかもしれないと考えて、身構えておく事も重要な事でしょう。