Category: 未分類

自費以外で弁護士を

交通事故の被害者になってしまい、何らかの怪我や精神的な被害をこうむったにも拘らず弁護士費用まで自分で払わなくてはならないのか、と憤る方もいると思います。ですが、交通事故に遭われた際に弁護士費用を自身で支払わずに済む場合もあるのです。

万が一の時の為と加入されている保険があると思いますが、それらの保険には弁護士特約は付いているでしょうか。弁護士特約とは加入している保険会社が弁護士費用を負担するという物で、それに加入していれば交通事故の場合ですとどんな場合でも保険会社に請求することが出来ます。もしそうでないのでしたら、基本的には裁判にまで発展した場合のみ相手側に請求する事が出来ます。ただし、裁判になってしまえば長期化しますし、手続きも煩雑で手間が掛かります。できれば示談等で早期に解決したい所です。ただし、絶対に不可能か、と言えばそうではなく、加害者との示談交渉において裁判所へ提出する「加害者の罪に寛大な措置をお願いする」という旨を記載した嘆願書という物の作成に協力して欲しいと言われる事があります。そうした相手側の提示する条件に応じる代わりに、弁護士費用を加害者側に負担して貰う、というように交渉する事も出来ます。

交通事故は遭ってしまえば後の人生が大きく変わるような体験をしてしまう事になります。後遺症などもそうですし、それだけにとどまらず裁判手続きや、示談交渉など普通に生きていれば体験しないはずの事です。そうした事を他人事だから、と見て見ない振りをするよりも、もしかしたらいつか自分に降りかかるかもしれないと考えて、身構えておく事も重要な事でしょう。



相談・着手金無料で済む場合もある

交通事故に遭ってしまった場合、怪我の程度にもよりますが加害者側の保険会社から慰謝料などのお金が支払われることになるのですが、企業である保険会社は最低限の支払い額で済まそうとします。そこから被害者側の望む額に近づけるためには、どうしても弁護士の力が必要となります。加害者側であっても刑事事件に発展するような事故であった場合は当然弁護士の弁護が必要になってきます。

交通事故の弁護士費用について一体いくらかかるのか、そうした具体的な金額は依頼する弁護士によって大きく変わってきます。弁護士報酬が自由化された事で、各弁護士事務所が独自に値段の設定をする事が出来る様になった事が大きな理由なのですが、同時にそれは格安の事務所も存在するという事でもあります。実際に、弁護士報酬として支払う名目の内、相談料・着手金について無料で行うという弁護士事務所も増えてきています。なので、そうした事務所に依頼し、極力出費を抑えて弁護士に解決して貰うという事も選択肢の一つになりました。そうすれば弁護士に依頼して問題を解決して貰ったけれども、弁護士報酬を支払ったら結果的にマイナスになっていた、なんて事も起こらないでしょう。

弁護士報酬の内、着手金・相談料が発生しなければもし弁護士が成果を出せなかった場合、成功報酬無しの総額零円で依頼する事が可能になります。とは言え、着手金等を取らないという事はそれだけの自信があるという事でしょうから、そうした事には中々ならないとは思いますが。



交通事故と弁護士報酬

交通事故に遭ってしまったらどうするか考えた事はありますか。普通に生活している上で最も確率の高い事故は交通事故です。発生件数も高い身近な事故なのですが、自分が交通事故に遭ってしまったら、と真剣に考えた事のある方は意外と少ないようです。

もし交通事故に遭ってしまった、または起こしてしまった場合にはどちらの場合にも弁護士への相談をした方が良いです。どちらについても必要だという理由については後述するとして、弁護士への相談には基本的には、お金がかかります。交通事故の際には相談料・着手金・報酬金という名目の弁護士報酬が発生する事になります。相談料は、弁護士に対して法律相談をする際に支払うものなのですが、相談の結果がどうなろうと返金される事はなく、報酬金とは別物なのでそちらに充当される事もありません。着手金は、文字通り弁護士が依頼された案件について活動を開始する際に支払う事になるお金です。こちらも相談料と同じく結果に関わらず支払わねばならず、かつ報酬金には充当されません。そして報酬金というのは弁護士の活動によってどれほど成果が出たかによって増減する物で、結果的に完全失敗に終わった場合は支払う必要がありません。

弁護士を雇う事によって得られる恩恵というものは計り知れないものがあり、掛かった費用に見合うだけの働きはしてくれます。弁護士が高い費用を取る、と思われているのは特に報酬金の欄についてなので、それ以外の項目については良心的な値段であり、報酬金も支払う額が大きいという事は同時に、得られた額も大きかったという事を考えれば、巷に流れるイメージほどには弁護士は高額という事は無いでしょう。